結局のところ、弱音を吐かないどころか本日は耐えられなくて泣きながら帰ってしまいました。
どこにぶつけていいかわからない憤りだったり、一生懸命伝えてるつもりなのに微塵も伝わってなかったり、自分を正当化することばかりして相手のことが全く見えてない人に傷つけられたり、自分が神様だって勘違いしてる人に唾かけたくなったり、他人を詰ることでしかストレスが発散出来ない人の的になったり。見ず知らずの人に舌打したり悪態ついてり出来る人って本当にいるんですね。私のいた世界が狭くて綺麗なところだったんでしょうか。こんなところでしか威張れない可哀想な人がこんなにもいるなんて、とてもじゃないけど想像以上でした。どこかの死神風に言うなら、人間って面白!



KYって書いて心が弱いって読んで今度から私の名前にしようと思います。
しかし、弱いなりに悔しい気持ちもあるので、これをバネにしていつか打って出てやる気満々です。
空気が読めなくて突拍子もなく起こした行動が有得ないほどに大胆な私がただやられっぱなしだなんて思うなよー。