という「二銭銅貨」を読むの一節に出てきた白眉を「はくび」ではなく、「しろまゆ」と読んだ己の愚かさについて。